こんにちは!
そごう千葉ジュンヌ店、中村です!

今年は、本当によーーーく雨が降りますね!
梅雨明けはまだでしょうか?

 

例年ですと、子供たちはもう夏休みに入っていて、プールに行ったり、公園で真っ黒になって遊んだり、夏祭りに行ったりしている時期ですが、今年はコロナの影響で春の休校期間が長かったので、夏休みが2週間程です。
夏祭りなども中止になってしまったところがほとんどではないでしょうか?

 

幸い、今年度から小学校の教室のエアコン使用が始まったので登下校(特に午後の下校…)を頑張れば涼しい環境で過ごせるので、それは良かったのですが、自分が子どもの頃から見ても、こんな夏休みは初めてですね……

 

 

さて、小学校に入ると、1年生はまず、算数では数字の読み書きから始まり、足し算、引き算……というように進んでいきます。

 

 

いくつといくつ?という問題で、10までの数の構成を理解するという内容がありました。

例えば、
① □は、2と3
② 5は、2と◯

のように、これを三角形△にして書いてある問題があります。

 

 

三角形の頂点に『□』が書いてあり、そこから線が引かれていて、2と3に分けられるよ!

同じく頂点に『5』が書いてあり、そこから線が引かれていて、2と◯に分けられるよ!みたいな感じです。

 

 

 

息子がその問題を解いていて、三角形にならなければ足し算、引き算は普通に解けるのですが、どうしても、三角形になると頭を抱えてしまって……(笑)

 

 

 

何度も説明文の最初に戻って一緒に読みながら進めても、ちょこちょこ補足をしても『???』で、こりゃ、どうしたもんかと……。

 

 

 

そこで、この三角形の下の2つの数字を指差して、『この人とこの人が結婚したの』という言葉にしてみたんです。

 

咄嗟にその時思い付いたのが、『2つが仲間になる=結婚』だったので。

 

 

 

 

そうしたら、なんという事でしょう!

 

 

 

 

 

 

さっきまで頭を抱えていたのに、
『こことここが結婚するから……』と、すらすらと解けるようになったではありませんか!

 

 

 

ちょっとしたきっかけって、どこに転がっているか分からないものなのだなと、改めて思いました。

 

 

そして、後日、そのまとめ的な問題を解いている所をそーーっと見ていたら、、、、

 

 

 

『えっとーーー、どうだったっけなー。。。そうだ!こことここがキスするんだった!!!』

 

 

 

 

惜しい!!!結婚がキスに変わっていました(笑)

 

 

近くにいた姉が、え?といった表情でちらっと見ていた事は言うまでもありません。

 

その後、姉にはこういう事なのよーと説明し、『そういう事だったのかー!』となり、息子には『結婚するのよー』と話したら、『あぁ!』と、思い出したようでした。

 

算数の授業中、結婚だのキスだのぶつぶつ言いませんように……なんて思っています😅