こんにちは!
そごう千葉ジュンヌ店、中村です!

 

 

今年はいつもより少し遅い梅雨明けでしたが、梅雨が明けたら、毎日の青空がうれしくて、あちーあちーと言いながら、あれこれ洗濯をしては干して、汗をかいています。

 

 

しかし、夏になるとベランダで恐ろしい出来事がたまにあります。

 

そして、この夏、2020夏、私の人生史上最大級の恐ろしい出来事がベランダで起こりました。

 

 

それが何かと言いますと、蝉爆弾です。しかも、ただの蝉爆弾ではなかったのです。

 

 

蝉爆弾とは、ひっくり返って動かないでいた蝉が、ふとした拍子に『ジジジジジ!!!』と羽をばたつかせるあれです。

 

 

もう息絶えているのかと思い、そしてこんなところでは可愛そうだ…と優しさを見せると突如『ジジジジジ!!!』と作動するあれです。

 

 

昔は蝉も素手で捕まえられていましたが、何度か狭いベランダで蝉爆弾を繰り返してもう、触れなくなりました。。。

 

 

数日前、またお天気の良い日の洗濯物干し。
さーて、干そうとベランダに一歩足を、正確にはベランダのサンダルを履こうとしてサンダルから足が少しずれてたんですね。

 

 

 

 

そうしたら!
『ジジジジジ!!!』

 

 

 

ちょっ……まっ…えぇーーーーっ!どこ?どこなの?となりました。
でも姿がなかなか見えなくて、でも、すごい近くで『ジジジジジ!!!』

 

 

いるんですよ、絶対に。

 

 

それも、すごい近くで聞こえて、耳を澄ませて、音のする方向を見てみると、サンダルからずれた私の足の下(涙)

 

 

音がしてから姿を発見するまでの自分の足の裏の感覚の鈍さと、足を離したらジジジジ、バタバタと動く蝉の姿のダブルパンチの恐怖でした。
ちなみに、蝉は無事でした。

 

 

すごく暑い日の朝に、さーーーーっと冷たい恐怖体験でした。

ベランダに出る前に、これからは指差し確認をしてからサンダルを履こうと心に決めた夏の日の2020です。