こんにちは!
トレッサ横浜店の三浦です。

夏も終わりが近づき…
反抗期真っ只中の息子(中1)ですが

ここにきて多少の変化がありましたので、ご報告いたします。
いらないと思いますけど(笑)

振り返れば、ある日突然私を「母さん」と呼ぶようになった小5から、徐々に始まった反抗期。

小6後半なると、とにかく話さない、挨拶もない、返事もない、何か言うと鬱陶しそう。

そんな状態で迎えたコロナ禍。

在宅勤務が増えた夫は息子と一緒に過ごす時間が増え、そんな煮えきらない態度にイライラ、夫と息子はいつのまにか険悪ムードになっていました。

そして迎えた夏休み後半。

ついに夫の怒りが爆発。
きっかけはささいなことでしたが、近くにあった洗濯物が息子に向かってとんでいきました。

息子も負けじとやり返す!

前までは夫に怒られると、シュン…となり、部屋にこもったりする息子でしたが、今回はしっかりと自分の意見を言い返していました。「父さんのこういうところが嫌だった…うんぬん。」

あ、これは息子の勝ちだな!と。

大袈裟だけど、息子が父を越えた瞬間だなと思いました。

激しいバトルを真横でニヤニヤしながら見つめる性格の悪い私(笑)

なんだか、見ごたえがあったのですよ。

そこからどうなったかというと、

まさかの!?

男二人で号泣。
からの、和解。

なんだこれ…(笑)

不思議ですが、これを機に息子は趣味のゲームや好きな音楽の話など、少しずつ話をするようになり、親子の会話が増えてきたんです。

ここで見えてきた大切なことは、

○ぶつかることを恐れずにお互いの気持ちを伝えること。話してみると、実は誤解だったり、思い込みだったりする。謝罪の気持ちもうまれる。

○一緒にいる時間が増えると、見たくないところもいろいろと見えてくる。家族でも、物理的・気持ち的距離感を保つことが大切。

親として学びの多い2020夏となりました。