こんにちは。近藤です。

☆各店舗スタッフさん大募集!!
詳しくはこちら

☆FC加盟者さん募集中!
こちらから

昨日母と長く話す機会があって、
母は福岡出身なのですがどうやら
テレビで最高のお寿司屋さんが
出てたらしく、コロナが落ち着いたら
福岡に食い倒れツアーに行こう!
と決まりました^^

うちは親戚が皆、岐阜・三重・九州と
西方面ばかりなのでか、

集まるとまー、大騒ぎ笑。

おばあちゃんのお葬式の時でさえ、
全員で行ったカラオケ(5.6年前かな?)
なんてひどかった、、、

お腹抱えて笑いましたもん笑。

食い倒れツアー楽しみだ♡

九州にもママスマ欲しいなーーー

ママスマが全国にあれば、例えば
お子様と福岡に行きママスマに預けて
お子様とは行けないようなお店で
食事を楽しむ。

そんなことが当たり前に出来るように
していきたいです。

私は以前、専業主婦だったころ
旅行に行くなんて考えもしなかった。

というか出来ませんでした。

家族でどこそこに行こう。
なんていうのも、正直言いますと
義務感。

だって2歳と0歳連れて旅行?
しんどいだけだろって思いながらも

「子どもの思い出つくらないと」
という責任感というか、それが家族と
いう思い込み。

で、そんな思いを腹に抱えながらそれに
フタをして行くもんだから、まんまと
しんどいんですよ笑。

部屋食なんて味を楽しむなんて無理無理。

手を伸ばす子どもに注意しながら、さっさと
食べなきゃみたいになって、

あとあのミニ火鍋みたいのあるじゃないですか。

ロウソクみたいの。

あれとか危ないから火消して結局
食べなかったし。

寝かしつけた頃にはぐったり。

マジ、しんどい、、、

って思いながら過ごした、遠い思い出泣

いや、皆がこれではもちろんない。

根底に、これが母親ってもんだよね。
家族ってもんだよね。

っていう思い込みがこうさせちゃったの
だろうなって今なら思います。

でも例えば、旅行先にママスマがあって、

「ご両親が温泉と部屋食を楽しむ時間、
お子様お預かりします」

が当たり前だったら、それがフツーの
国だったら、

「家族で行った旅行」は楽しい思い出に
なっていたかもしれないと思うのです。

でも、そもそも「託児代」にお金が
かかるからそういうことを躊躇しちゃう
と思っていて。

だって、

託児代がかかる

ここにお金をつかっていいのか?

私が面倒みれば良いだけでは?

むしろ良い母親ならこんなこと
思いもしないのかも!

私サイテー

みたいな無限ループの変態になっちゃう。

日本てこんな変態がゴマンといると
思う苦笑。

だから、私は託児料を無料にしたいんです。

変態撲滅。

無料なら、お願いしてみようか。

社会が預けていいんだよ。と言って
くれるならそうしてみよう。

そう思うと思うんです。

【無料託児への道】は短いシリーズに
しなくてはいけません。

早く到達する。

まずは、観光ホテルや旅館に営業。
これが【無料託児への道①】のミッションです。

まず今日10個にメールで問い合わせ
してみました。

このシリーズは報告していきますね!!

開けた瞬間に悪さをし始めた
ギャングもご報告いたします。