☆各店舗スタッフさん大募集!!
詳しくはこちら

☆FC加盟者さん募集中!
こちらから

☆6月~食事アシスト料金が変更になります!

詳しくはこちら

こちらも合わせて

我が家のニャンコたちは私の託児経験上、
人間でいうと2歳前後の行動をしている。

高さがあれば登る。
何でも口に入れる。
埃などのゴミも口に入れる。
何かされるのを嫌がる(イヤイヤ期)。
ご飯、仕事の資料などぶちまける。
早朝、夜中関係なく遊ぶ。

ああ、、キリがない(T_T)

出ようとするから窓は開けてられないし
(私は開けっ放しが好き)、
ゆっくりお風呂にも入ってられない。
(アロマで真っ暗で半身浴が好き)
火もゆっくり使えないから煮物も出来ない。
(コトコト煮物することがストレス発散)
遊び道具と思われるからずぼら片付けも出来ない。
(チークブラシなど立てかけ収納が便利)
植物もすぐ倒すから置けない。
(花や観葉植物が大好きだった)

ほんとにキリがない、、

子育てというのはこれと同じように、

「自分の最も休息の時間や至福の時を
奪われること」なのだ。

そしてこれまた同じように、

「それは自分で選択したことだから
どこにその不満をぶつけて良いかわからない」

そしてそしてほんとまた同じように、

「でも可愛いじゃん。今だけだよー」
で納得させられ、

いやほんと同じように、

「いい加減にして!と思う自分がクズ」
と思わされる。

でも私は経験上知っているのだ。

自分の至福の時間を1時間でも自分に
叶えさせてあげたとき、
すべての母はメチャクチャ良い顔をする。

そして、子どもたちを今まで以上に
愛してると思えるのだ。

託児は「子どもを今以上に愛せるツール」
なのかもしれないと思わされた今朝。


私のプロテイン計りスプーンがえじきに。

俺悪い事してねーもんって顔

この数分前に植物の鉢を落としてカーペット
土だらけになったのだ