こんにちは。近藤です。

☆各店舗スタッフさん大募集!!
詳しくはこちら

☆FC加盟者さん募集中!
こちらから

☆6月~食事アシスト料金が変更になります!

詳しくはこちら

こちらも合わせて

この前友人と食事をしていたんですけど
その友人はニャンコ先輩なんですね。

もう何年もニャンコを飼っているから
色々話聞いてたんです。

去勢手術するとこうだよー
トイレはああだよー
長毛だからこうだね

とかああでもないこうでもないって
色々聞いてたんです。

まあ私異常に素直なんで笑、良いと
言われたことはすぐに実践するのですけど、

ふと思った。

子育て中これ出来なかったなと。

なんだろ、特に第一子のときは正直
子育て先輩の言う事が癪に障ったんです苦笑。

こうしたほうがいい、ああしたほうがいい。
そんなのしょうがないよ

などなど言われると、うるせーなって
思ってた笑。

すごいイライラして特に旦那さんや母や
お義母さんに言われると、

だーまーれーーー!!
おめーら好き勝手言ってるんじゃねーーー!
夜中起きてるのはこっちじゃい!!

って思ってましたねー笑

当時は臭いもんにフタしまくってましたから
思ってただけで言いませんでしたけど。

12年も経つと別人ですねw

今だったら「気分良くないから言わないで」
って言えるなー笑顔で。

で、なんであの時は素直に聞けなくて
今なら聞けるのかなって考えてみたんです。

一つはもちろん自分自身が成長してるから。

そして心の余裕がある。

あと一つ決定的なのが、

子育てってなぜか概念的なことを押し付け
たがるんです。人って。

例えば母乳の方が良いよとか、
指しゃぶりはストレスよとか、
抱っこしたほうが、
ママが笑顔でいたほうが、

全部「概念の押しつけ」なんです。

だからそうじゃないのは聞けるんですよ。

オムツを洗濯機で洗っちゃったときは
こうしたほうがいいよ。

みたいな笑。

概念を押し付けられるのすごい不快じゃ
ないですか?

子どもが泣いてたら
「あららら、ママがかまってくれないん
でちゅかねー」

とか、マジでうるさい笑

泣きたいだけじゃ。

でもそのくらい子育てって正解がない
ことなんですよ。

だから何年保育の経験があろうと、それは
単なる経験。

もちろん経験に勝るものはないと
私は思います。

だけど経験というのは正解を知ってること
とは違う。

これはすごく大事なことだと思っています。

植物を枯らしてた犯人
むしゃむしゃ食べてます泣

私の食べたサバ缶を興奮してくわえて
隠れようとするメカブw

うーうー唸りながら隠れようとしてます。

ベッド下から出てこない、、泣