☆新丸子店オープン!
9月はオープンキャンペーン実施☆

☆ビエラ蒔田店10月20日オープン!!☆

☆各店舗スタッフさん大募集!!
詳しくはこちら

☆FC加盟者さん募集中!こちらから

こんにちは。近藤です。

「あんたって女は害がないのよね」
とセクシャルマイノリティの友人から
言われたことがあります笑。

だから自分のコミュニティの誰に会わせても
安心だと。

確かに昔からそうだった気がする。

私は私を呼んだ友人を絶対に飛び越えない
ことをモットーにしていたし、そこで
一番になりたいと思っている人がすぐに
わかるからその人を担ぎ上げるように
めちゃくちゃ心がける。

それがすごく上手だと自負していたし、
自分の特長だとも思っていたんですけど
その反面、

つまんないオンナって言われてる気がして
自分で自分を卑下してたときがありました。

可もなく不可もないやつ、みたいな。
(それは悪くないんだけど)

ヘアメイクやってたときも気が難しいモデルさん
とかうまく対処できるから重宝されてたし、

美容サロンで働いてた時は名物クレーマー
2人の担当は私だったし、

とにかくそつなくこなせる。
そつなくどころかうまくやれる。

それ悩むことあった?と言われそうですが、

なんでもそつなくこなせるって、
何か飛び抜けたものをもっているわけでは
ないと思っていて、

まさに自分はそうだと長ーく思っていたんです。

地味に毎日どこかモヤモヤしてる感じで
悩んでました。

1年前くらいまで苦笑。
最近じゃん!

で、なんでこんな話をするかというと、
私はいつも100点を目指してて100点以下の
自分じゃダメだと思ってたんです。

80点じゃダメだ、欠陥だって思ってたから、
子育ては手を抜きながらがコツよー

とか言われても抜きどころがわからなかった
んですよね。

だからしんどかったんだなって思ったんです。

だって80点くらい出来てるのに、まだまだ!
ってずっと思ってるんだもん。

美奈子はよくやってるよ

って言われてもダメなんです。

やってないよ!ってやさぐれちゃう笑。

私と似たようなタイプの人は自分時間の
ために託児をするっていう「許可」が
自分に出せないと思ってこんなことを
書こうと思ったんですけど、

自分に許可を出すのってすごい難しいなと
思うんです。

だから私は環境が許可を出すことを
つくっていきたい。

会社が当たり前に託児チケットを配る

夫が当たりまえにママに自分時間のために
託児を勧める

サービス業の店舗は当たり前に託児付にする

子育て中、自分時間とりなさいねっていう
環境に日本全体がなれたら、もっともっと
みんな楽になれるなと思っています。

頑張るぞ。

動かせない、、