こんにちは。近藤です。

☆南流山店1月6日オープン!☆

☆大阪近鉄八尾店3月オープン!☆

☆当日料金、チケット料金が変更します。
詳しくは店頭にて☆

今日チラッとNHKの撮影が高田馬場店で
あったので行ってきました。

放映は2月29日の予定だそうです。

詳細わかりましたらまたお知らせ
しますね。

んで髙田馬場駅でビックリしたの
ですが、今やこんなものまでシェア!

DSC_1398

すご。

ところで前々から書いているけど
私は違和感ハンパないキャッチの
あれこれ。

「女性はもっと輝ける」
「女性が笑顔になる職場」
「ママは助け合おう」
「しんどいママのために」
「主婦の〇〇支援」

育児は辛い、しんどい
主婦は大変

ってドンドン刷り込まれるし、

女は笑って「なきゃ」いけない
主婦は周りと助け合わ「ないと」

う・る・さーーーい!!!

と思ってしまうのです笑

笑いたい時に笑わせろボ〇!
泣きたい時もあるわっ

とにかく好きにさせろーーー!

と思う。

ママや主婦が、全員がしんどいかって
言われたらそんなことはない。

だけど、きっとみんな

「しんどい時もある」
「泣きたい時もある」

なんだよな。

だからそのしんどい時は
一人になりたいって言えるとか、

助けてって言える社会であれば
良いだけなんではないのかなと
私は思うのです。

大体人の気持ちなんて日によって
変わるし、その人にとっての

幸せや辛いことは違う。

子どもと超べったり一緒にいたい
と思うときもあれば、

マジで一人にさせてくれ

と思うときもあって良い。

でも、この「マジでしんどい」をちょっとでも
思ってもいけないような気持ちに
なっちゃうことが嫌だよね。

そしてしんどいとか辛いとき「には」
助けてと言えることが女性の自立
なのかなって思います。

託児はこれをもろに表わしていて、

1~100までレベルがあったとして、

100「辛い」人は預かります

みたいなのがまだまだほとんど。

レベル37かーー
どうする?

みたいな。

でも、

「今日超気分良くて最高でウケるーー
ってくらいの幸せで何も用事ないけど」

ってことで預けたって
いいじゃないですか笑。

ママスマはそんなママもたくさん
います。

しんどくてヤバくてっていうママも
たくさんいます。

なんでもいーー

理由を聞かないのは

「なんでもいい」

からです^^