こんにちは。近藤です。

☆大阪近鉄八尾店3月10日
オープン!!☆

☆武蔵小金井店3月7日
オープン!!☆

☆IWGP店4月オープン!!☆

☆スタッフ大募集!!☆

昨日武蔵小金井のオープン準備を
オーナーさんとスタッフさんと
していて、

武蔵小金井店はシャッターを
開けるとガラス張りなんですね。

んで私が早いとこスタッフ大募集の
張り紙貼っておこうよ!!

と言ったら、オーナーさんが

「でもこのオープン前に募集の
張り紙貼ったら”えーーーまだ
スタッフも揃ってない”ってお客さん
不安にならないですかね、、」

私はこの考えに8兆%ならないの
ですけど、

ホントに人の考えってそれぞれだなあ
と思った瞬間でした。

店頭どころかブログで公開しちゃう
けど♡

今1人しかスタッフいないから
大募集中です♡

以前は

こんなこと言ったら
嫌がられるかな

とか、

これはさすがに引くっしょーー

なんてことを思ってたことも
あるけれど、

大抵それはいい意味で裏切られる。

ホントにホントに自分の頭の
中の考えは自分だけの考えだって
認識すると、

何でも人に聞けるようになった
気がします。

だって

私はこう思うけど、
あなたはどうっすか?

って聞かなきゃわからないんですもの。

それで思ったのですが
子育てでしんどくなるのって、

子どもが3,4歳くらいまでって
これが通じないからですよね。

「私はあなたが眠いと思うのだけど
どうっすか?」

って聞いても泣いてるだけだから

「やべぇ。今まで聞いたら答えて
くれるのが普通だったがどうやら
わかんないぞ」

ってなるから不安になりますよね。

だから辛いんだよなーー

と今だから思います。

もうさ、一人目の子育ての時
なんて何をやっても泣いてるから、

そのうち

「え?もしかして何か病気?
どうしよう、脳とか知らない間に
打っててそれで痛いのかも(T_T)」

とかそこまで飛躍したもんですわ笑。

で、その時一番しんどかったのが
パパとか親とかが

「あー、眠いのよーー
ねぇ、〇〇ちゃん眠いのよねー」

みたいに言われると
(しかもほんとにあっという間に
寝たりして)

「すみません、わからないなんて
母親失格です、、もう生まれ変わっても
人間は望みませんのでお許しください、、」

ってまたまたドツボに自ら
入ってましたよね。

うっざーーーー笑!

そこできっと余裕があれば、

「すっごーーーい!さすが!
今度からはこの子が泣いたら
お世話お願いね♡」

って言えただろうなあ。

その余裕はどう作るんじゃ!

ってなった時に私はやはり

「1人になること」と
「自分がやりたいことをやる」

だと思うのです。

細かく言うと、

1人にならないと、
自分の本当にやりたいことって
わからないと思う。

わたしたちって「いい人」だから
例えば友達といても

やーーーっぱどっかで気使うと
思うのですよ。

自分が超ラーメンが食べたい時、

「私今日は断然パスタ!」

とか言われたらさ、

「私も今日は麺の気分だった!」

とか言いませんか笑?

うっすらホントのことだし笑。

なので私は「1人の時間」って
人生を変える1時間になると
信じているのです。

1人になれないってときは
(気分的に)

誰かに依存してるし、何かに
依存してるときだと思います。

そして依存してるって自分の
人生を生きてはいない。

と私は思ってます。