これはある一家の話です。




4人家族。

「ねぇ、あなた。なんだか
こんなにうまくいくと思わなかった
わね、、、」

「う、うむ。まさかこんなに
人間の心が脆いとはな」

「とにかく人間たちを混乱させて
殺伐とさせてくれってミッションを
受けたのいつだったかしら?」

「おー、あれは確か今年入ってから
だったな。」

「まさかのトイレットペーパーの
取り合いとかあるらしいわよ。
ここまで私たちやるつもり
なかったのにねぇ」

「いや、まあ俺からすると想定内
ゆうやつやな。人間はちょっと
見えないもんや知らないもんを
聞くと悪いほう悪いほうに自ら
向かう生きものや思うとったからな」

「あら、あなた。ご機嫌の時に
出る関西弁になってるわよ。
とにかく私たちのミッションは
うまくいった。そういうことね。」

「やったーーーー!!
ママ聞いてよ!!とうとう僕、あの
インフルエンザを抜いて首位に
たったんだ!!ずっと断トツ首位
だったあいつに!!」

「まあ、まあ!帰るなり何かと
思ったら♡ 良かったわねーー、
インフル君の首位は毎年絶対だったもの」

「しかも、ただ勝ったわけじゃないんだ。
こんなに人間の内面の嫌なところを
出せたのは僕たちの方がぶっちぎり
だって!!」

「ただいまーー!ちょっと私も
褒められたわ!ちょっと咳を
しただけでケンカになるくらい
殺伐な世の中に出来たのはなんと
あの結核様の業績以来のすごいこと
らしいって!!」

「あなた!!これであなたの昇格も
間違いないわね!株式会社ウイルスも
安泰だわ♡」

「お前たちもよくやってくれたな。
人間たちをとにかく混乱させろって
いうミッションを言われたときは
ここまで出来るとは思わなかったな。
バズル言うんかな、これ。」

「今や、小学生と一緒に旦那まで
家にいるからママが家事育児仕事が
増えてイライラし始めて、もっともっと
世の中嫌な感じになるって♡」

「あぶねーーーー!ママスマとか
言う人間界に突如出来た託児所の
せいで平和になるとこだったもんね!
ふぅ、良かった^^」

「でもあなたたちまだ油断しちゃダメよ。
あのママスマの女社長、昨日もお風呂で
クソコロナとか私たちの悪口言ってたけど、
いやいや、コロナが悪いんじゃないし。
とか言い直して、ひとり言言いまくって
たわ。ちょっと引いたけどどう立て直して
くるか、、」

「そうなんだよな。人間もバカじゃない
から、そろそろもっと事実に目を
向け始めて、インフルくんの業績の
方がすげえってバレルかも。。。」

「インフル君ってそんなだっけ?」

「何言ってんだよ姉ちゃん!
インフルは去年の1月と2月、日本だけで
2792人も亡くなったんだぜ!!」

「キャーーー!さすがここ最近
不動の1位って言われてただけあるわ」

「お前たち、人間が疑心暗鬼になり、
他人や自分をも信じれず行動を制限
された時、この国がどお沈没するか
よく見とくんだぞ。」

「父ちゃん、ヒューヒュー!!」

「人間たちが冷静になる前に!」

「なる前に!」