こんにちは。近藤です。

☆5年前の今頃に書いたブログの記事。

この頃「宇宙生物学」っていう
栄養学を学んでいたのですが、

その記事の再アップ。

また子どもの脳をつくる栄養学、宇宙生物学を受けてきました。

以前から読んでくださっている方には繰り返しの情報になって

しまうかもしれませんが(>_<)。

子どもも大人もですが今は下毒の時期。(解毒とは違う)

悪いものを出す時期なんだそうです。

2月~4月です。

ですから、しっしんや目ヤニ、鼻水や下痢などはごくごくふつうの

症状で、むしろサイクルにのっている健康な身体とも。

と思うと、下手に症状を抑えるよりも「出して」しまったほうが

良いと考えられますね。

それから4~6月は脳をつくる時期だそうです。

日本人は世界の中でも脳が大きいらしく、脳をいかにつくるかは

とても大切なようです。

脳の医者に言わせると、「脳ができていれば身体は治せる」と。

それには皮ふと腸もとっても大事。

私がヘアメイクをやっていたときに面相学とともに興味をもって

学んだのが皮ふについてでした。

皮脳同根という言葉ご存じですか?

ざっくり言うと、もともと皮ふと脳は同じとこからできてる。

昔の人が乾布摩擦をして皮ふを鍛えていたのは、頭・脳を

鍛えていたことにつながります。

今私たちの生活に取り入れるには、とにかく皮ふは「触る」ことです。

とくに女性は手で身体をあらうようにすると、更年期症状を

抑えることができます。(更年期障がいという言葉は日本とアメリカ

くらいにしかないんですってよ~)

子どもたちには、お風呂に入って濡れている状態でスキンミルク

のようなものをぬるとぬりやすいし、肌にも良しです。

とにかく、子どもに何が大事か。

脳ができていることが大事なので、脳を「鍛える」ことが

子育てにはもっとも大事だということです。

脳を鍛えるということは、親がなんでもやってあげてしまったら

ダメだということですよね。

2歳を過ぎると、「これ、なーに?」攻撃が始まると

思いますが、質問に答えないことが大事と先生がおっしゃっていました。

質問には質問を返す。

子どもに「考えさせる」ことが大事です。

私は昔、母に何を聞いても「わからない」と言われて、

「あいつに聞いてもムダだ」と思い(笑)、調べることが好きになったのを

思い出しました。

食事が脳と身体をつくるのもいつもお伝えしていることですが、

これさえとっておけば間違いなし!の食材です。↓

・抹茶

・かんてん

・豆腐、豆乳(豆)

・小魚(かたくちイワシ)

加えて野菜とくだものだそうです。

抹茶は、家族4人で耳かき一杯でも十分だそう。

うちでもカレーやお味噌汁、チャーハンなどにもなんにでも

入れてしまっています。

 

少量なので味が大きく変わることはありません。

あとはこれにかんてんも入れちゃってます。

宇宙生物学を取り入れて成功している有名選手がほんとに

花ひらいているので、(名前に1がつく人や、最近レスリングの彼女が

できた人など)

私は積極的に素直に食事に入れてみてます。

↑ ここまで

&nbsp

宇宙生物学って学問なんですけど、
本当にすごい面白くて夢中になって
学んだんです。

サッカーワールドカップの選手や
プロの野球選手にも教えていた
先生なので、

またこちらにも再アップしますね^^