こんにちは。近藤です。

今日(3日)って

世界笑おうなんちゃらデー
なんだそうです。

一斉に世界中で笑おうぜ、みたいな
ことらしい。

私はちょうどその頃泣ける小説を
読んでいて笑うどころか泣いていて、

この子に泣きながら話すと言う
ちょっとヤバい時間を過ごしていました笑

この子

昨日のブログで、

「変わりたい時は’変われない’が
作用しちゃうから変われない」

みたいな事を書いたのですが、

スタッフさんから意味がわからないと
ラインをもらいまして笑、

あれです、あれ。

「戦争反対集会には出ないけど、
平和を愛する集会には出るわ」

っていうマザーテレサの有名なことばが
ありますよね。

それがわかりやすいかも!

戦争反対!っていうエネルギー(ここでは
わかりやすくエネルギーとして)には、

「戦争が在る」

ことが前提なので、戦争が無くなることが
ない

みたいなことです。

戦争と言えば、私ね、ママスマを
立ち上げたとき

ママスマが当たり前の世の中に
なれば、戦争も無くせるはず

って言ってたんですよね笑。

その頃は、当時の役員に「戦争言うのは
まだ早い」って言われて控えていました笑。

でも、この気持ちって実は全然今も
変わっていなくて、

この前のブログの蝶の力学と同じで、

私たちママ・パパ・大人、1人1人が心に
余裕がある子育てをしていたら

その子どもがいわゆる「悪いやつ」に
なるわけなくて、

そんな子どもがいーーーーっぱいに
なったら世界にも伝わって、

戦争なんてやろうなんて気持ちになる
わけない。

って本気で思っているのです。

私たちが本当に自分自身を好きに
なれて、

自分が本当に本当にやりたいことを
やれた上で子育てを出来ていたら、

育児ノイローゼも児童虐待も
なくなるし、

そういう大人たちに育った子どもが

いじめをするわけなくて、

ずーーーーーっと愚痴を言い続ける
わけなくて、

とにかく嫌なやつにならないはず。

と私は本気で思ってます。

嫌なやつって表現はよくわからんが。

で、そうするにはどうしたら?

のひとつが私は

「子どもを預けてでも一人の時間を
つくること」

だと思ってるからママスマをやってます。

自粛でさ、「生活必需品を扱うところは
営業してオッケー」

ってなってるけれど、

託児も

「生活必需品」ってならないかな笑。

今、人と違う事を言ったりしたり
することって、

けっこう勇気がいりますよね。

すごくわかりやすい例で言うと、

例えば今この自粛モードで飲みに
行くとか。

でもさ、

託児して自分の時間を創る

っていうのもけっこう勇気がいること
だったりしたよね?

今、世の中のほとんどの人が

実は子育てでしんどいママの気持ちを
やっとわかるとこまできたってこと!!

分からず屋の人たちに言いたい。

専業主婦が預けたい気持ちがわからん

と言ったあの時のおえらいおじさん達へ

・家にいなさい

・家で仕事出来るよね?

・飲みに行くなんて不謹慎

・スーパーは行って良し

・床屋に行きたい?家にいるだけ
なのに必要ないでしょ?

・〇〇に会いたい?ズームあるじゃん

・家にいるからって何そのダラダラ
した格好

・外出するなって言われてるのに
なんで散歩行くだけがそんなに
時間かかるわけ??

これ全部

子育て中の主婦がやられてた
(言われてた)

ことです!!

今しんどいですよね??

男性サラリーマン、辛いですよね?

何かをしたいのに自分ではコントロール
できない部分で制御される。

そう、それが

育児

わかったか、こんにゃろーーー笑!