こんにちは。近藤です。

☆11月13日グランベリーパーク店
オープン☆

☆11月札幌大通り店オープン☆

あっという間に夏休みが終わり(子どもの)、
秋の新作とかいうフレーズが目に入る
ようになってきました。

私は今年の夏は前も書きましたが
自分がいつも選ばない方をやってみてて、

子どもと一緒に行った海では初めて
頭から波かぶりました笑。

嫌だったんですよーー

海。

見るのは大好きだし、冬とか裸足で
海に入るとかそういうのはオッケー。

でも水着で中に入るとか嫌。

あっちーーし、日焼けするし、
お酒飲むわけじゃないし、
海水ってベトベトするし、やだーー
なんなら一人で浜辺で瞑想とかしてたーい

ってずっと思ってた。

けど今年はいつもと違うことしよう。

そう決めていたので、パーカーはさすがに
脱がなかったけど、

ザップーーン!と波をかぶってみました!

するとどうだったか。

どうでもよくなりました笑。

不思議なもので、日焼けやべたべたや
そういうのもどうでもよくなったの
だけど、

それ以上に、仕事のことや
プライベートの悩みも全部、

どうでもよくなりました。

そして何より、いつもテントで
つまんなそーにしている母ちゃんじゃ
なく、

ざぶっと波をかぶった私を子どもたちが
見て爆笑してました笑。

その爆笑してる子ども見て、
なんかうれしかった。

今までは「子どものために」海に
行ってたんですよね。

普段仕事仕事であまり家にいないし、
夏休みくらいどこかに連れていかないと
母としてどうなんだ。

そう思ってた(そう言われてた)から、

「暑いなあ」とか「あの仕事したいなあ」
とか「あー、またシミできたりして」

みたいに不満が出てた。

んで「海に連れてったこと」でなんとか
良い母親試験にギリギリセーフと
思ってたから、

「はい、これで満足でしょ」オーラ
出まくってたと思う。

そりゃ敏感な子ども。

なーーんとなーく、海に行けたことは
嬉しいけどなーーんか大満足じゃないん
ですよね。

でも今年は「わたし」が海を楽しみました。

仕事も、今日一日私が返信しなかった
くらいでダメになるくらいのこと
あるなら上等。

そんな会社、そんな商談やめちまえって
本気で思えました。

子どもにとって良い母親とは?

これマジで考えるだけムダ。
そして子どものためとかおこがましいこと
ばかり考えててもムダ。

だって子どもにとっての良い母親って
何かわからないですよ。

子どもにとって良い母
夫にとって良い母
会社にとって良い従業員
お客様にとっての良い対応
母にとっての良い娘

これ全部ムダ。

M・U・D・A

他人を軸にした自分ではなくて、
自分がしたいことをする。

そうするとそんなママをみて、
こどもは本当に喜んでくれる。

「わたしの幸せなくして家族の
幸せはない」

このくらい私たち傲慢で欲深くて
そろそろ良いんではないか??

ということで、

「375の幸せなくしてママスマの
発展はない」

仕事の前に岩盤浴行って来よーーっと♡