こんにちは。近藤です。

#Me time

私小説でもなんでもいいのですけど
活字中毒で、しかもザッピング?みたいに
何冊かを同時に読み進めるから毎回
2,3冊持ち歩いてるんですね。

それで今朝の移動中に読んでいた本の
一説に、

「人は選ばなかったもう一つの人生に、
常に嫉妬しながら生きていく生き物だ。」

ってありまして。

いーやー、しびれるわ~

言葉が美しすぎるからなんとなく

ほぅ。。。

ってなるだけかもしれないけど、

表現は変わるけどこういうこと
言う人とても多いなと思うのです。

・あの時これをやらなければ
・あの時こう言わなければ
・あの時あちらを選んでいれば

あーでもない、こーでもない。

さらに言うと、まだ起きてもない事柄に
気をもんだりもしますよね。

・こっちを選んでダメになったらどうする?
・それやってもダメかも
・でもそれやったら。。。

うーるーせー笑!!

言葉はとても大事で、↑こうやって
今の自分の居場所と違う方ばかりを
向いて言っていると、

いつまでたっても自分の居場所が
わからなくなってしまうと思っています。

ことばって、無意識に制限をかけて
しまうものですよね。

例えば小さい頃に、女の子なんだから
そんな遊びするんじゃないとか、

男の子なんだから泣かないの!とか、

そんなことばかりやってるとお友達
いなくなるよとかってこともそうだと
思うんです。

どんなことばを浴びたかで全然違った
人格になっちゃうかもですよね。

そんなことを強く思った一説でした。