社長ブログ

なかったから創りました。

  • 2017.8.11

こんにちは。近藤です。

おかげさまでFC加盟のお問合せを多数
頂いております。
たまに、「資料をください」とメールを頂くのですが
スミマセン、すべてご面談のみとなってますので、
お渡しできる資料を用意していません。

ご了承くださいませ。
順にご連絡しております。

そういえば以前創業セミナーに登壇した時に、
私は約10年個人事業でヘアメイクをやっていて。。
という話をしてから、今のママスマを立ち上げてから
2,3年はお金も身体も気持ちも本当に辛かったと
話しましたら、お一人質問してくださった方が
いました。
(なんと!ママスマにお子様を預けてご参加
くださっていました!)

「その辛かった時に前の仕事に戻ろうと思わなかったか?」

といった内容だったと思うのですが、
聞かれて初めてどうだったかなって考えたくらい
まーったく戻ろうと思ったことないんですよね。

元々一つの事をやり遂げることに美徳を感じてないし、
どちらかというと飽きっぽい。
すぐ見切り付けちゃう方だとは思うのですが、
ママスマを辞めてほかの仕事をとはまったく
思ったことはありませんでした。

そりゃ泣きたくなることなんて死ぬほどあったけれど、
不思議とその都度助けられるというか、なんとかなって。

辞めちゃおうかなとも思ったことなくて、

その辛い「今」をどう乗り越えるかしか考えなかった
ように思います。

そういう色々を乗り越えてきた今だからこそ、
FCオーナーさんに「こうしたらいいよ、
ああした方がいいよ」って言えるのかなと思います。

私が起業して順風満帆すぎるくらいで今まで
来てたら、売り上げがなかなか上がらなくて辛い時や、
想いをどう形にしていいかわからなくて悩んでる時を
きっと共感できなかったと思います。

もう正直痛いほどわかる(笑)。

けど、人は「絶対の味方」がいることで立ち上がれるのかな
と私は思います。

それと子育てと一緒で、決して自分一人で抱えないことが
私はとても大事だと実感していて、

女性は起業するときにまだまだこの日本ではハードルが
高いと思うんです。

結婚してる人はまず旦那さんにお伺い立てなきゃならない。
「家事と両立できるのか?」なんていうもはや何語か
わからないことも言われたり、「失敗したらどうするの?」

なんて「禿げたらどうするの?」って聞かれてるような
もんですよ。そんなの禿げてから考えるわ!って
なるよね、絶対。

とにかく、女性が社長になるということに

「遠慮」「罪悪感」と一緒に「覚悟」しなきゃ
いけない世の中。まだ今は。

こんなふうに起業するから、女性で起業すると
大抵一人で抱えるんじゃないかなと思うんです。

あれだけやりたいって言っちゃったからここは
何としてでも一人で乗り越えなきゃ、って。

出産・子育ても一緒ですよね。

二人の子どものはずなのに、女性は

「わたしが生んだのだから何がなんでも私が
育てなきゃ。母親しなきゃ。」

でも、子どもって本当は地域で育てるものだし、

女性が起業すれば超素敵な男性経営者はとことん
助けてくれる構図になってるはず。

実際私の周りには助けてくれて支えてくれる男性が
たくさんいます。

私たち女性はもっと自由に選択していいし、
選択できる社会はここにあります。

世の中で言われてる男女平等世界なんてことじゃない。

女性は女性ならではの幸せがあって、女性ならではの
生き方がある。それは誰にやってもらうんでもなく、

私たちが自分たちの手で掴んで創るものです。

保育所が足りないと文句を言う前に。
誰々の不倫がどうだこうだって言う前に。

女性が最高と思う生活は自分たちで創ればいい。

子育てに最高と思う場所を自分たちの手で
創ればいい。

私はなかったからママスマを創りました。