こんにちは。近藤です。

☆蒲田雑色店、松戸店スタッフ
大募集☆

☆オモチャやDVD使わないもの
あったら譲ってください!☆

☆右足募集☆

トレッサ横浜店が先日3周年を
迎えました。

初の商業施設の出店で、けっこう
もがき苦しんだ思いれのあるお店笑。

今は本当に安心してお任せできる
スタッフに恵まれ、会員数も売上も
目標達成♡

昨日来月オープンを目指す蒲田雑色店の
オーナーと見学に行ったのですが、

お子様もたくさんいて、
「こんなにたくさんのママが助かって
るのねー」って言ってもらったのだけど、

子どもがたくさんいる!

っていうより、

たくさんのママの役に立ててる!

って思えると本当になんかじわっと
きてしまう(T_T)

なので言ってもらったとき本当に嬉しく
なりました。

まだまだいつでも預けられる一時預かり専門の
託児所は少なくて、

ママスマはもちろん保険に加入して
いますが、実はこの保険さえも入るのがとても
大変なんです。

つい昨日も「多くの保険会社が対応
できない」という連絡をもらいました。

それは0歳~12歳までという預かる年齢の
幅広さだったり、

毎日何人、何歳がくるかわからないという
サービス内容だったり。

でも私とってもポジティブなので、

多くの保険会社が対応できないという
文言より、

「御社のサービスが非常に新しい
サービスなので、、、、」という文面に
思わずニンマリ笑。

あ、でしょ?
そーなの、そーなの。

ありそうでないの。うちみたいなとこ。

7年経つけどないの。

厚労省とか内閣府とか市議会とか
都議会とかちょーたくさん話したけど、

「前例がないから」って毎回その言葉で
片づけられちゃうくらいなの♡

たいがいこちらからのお願いに
対処してもらえないの。

「前例がないから」

ラップかよ!っていうくらい皆に
よってたかって言わ、、、、

あ、危ない。
いつのまにか国への意見になりそうやった、、

それは置いといて、

あー、いまだに新しいサービスなんだな
って改めて実感したのです。

この前ね、あるでかい女子高生に言われて
すっごい腹がたったのですが、

「そんなに必要とされる事業なはずなのに、
まだ全然広がってないってことは実は
そんなに主婦って求めてないんじゃ
ないですか?」

ほうほう。それじゃ何か、お若いの。
(ここからは長い白鬚をさすりながら
話すうどんこ仙人の話です)

そもそも「託児する」ことにどれだけ
ハードルがあるかご存じかな?

何がハードルって、ママ自体がこの
ハードルを上げとるんじゃ、、、

ええかのう。

ママの自由を奪っとるのは「ママ」
なんじゃよ。

「託児する」ことそれに見合う「理由」が
ないとそれをしてはいけない。
人はバランスをとる生き物だからじゃ。

さらに言うと、託児さえしようとも
思わないんじゃ。

「見合う理由」は人それぞれなんじゃよ。

それこそピンキリじゃ。

誰かが亡くなった、お葬式に行かないと
行けないからレベルなら託児が出来る人。

自分が動けなくなるくらいの病気レベル
ならば託児が出来る人。

結婚式に呼ばれたけど子連れ禁止と
言われレベルなら託児が出来る人。

わかるかのぉ。

託児をするのになんの見合う理由も
なくていい。

むしろそこに山があるから登るように、
子どもがいたら愛するように、
毎日歯を磨くように、
ちょっと時間があれば一杯飲むように、

「え??託児するのに何か理由って
あんの?」

ってとこに、この日本に住む全員が
ならんとなんじゃよ。

それがこのママスマなんじゃ!!

なんもわからないひよっこが
口も腹も出すんじゃなーーーーい!!

と、仙人が申しています。

そう。育児や子育てや主婦業の
自由を奪っているのは他でもない。

わたしたちママなんですよね。

なんでママスマに預けるか?
1000人にアンケートをとってみました!

3位! 足の指のマニキュアしたかった

2位! 海外ドラマのイッキ観を辛ラーメン
    食べながらやりたかった

1位! 理由なし!

数年後のアンケートがこうなりますように。