社長ブログ

ママズスマイル立ち上げて5年!!

  • 2017.7.3

こんにちは。近藤です。

ものすごいジメジメですね~
でも事務所から歩いて帰宅するなら
家に着いたときに汗だくになるくらいが
心地良い。

少しでもやった気になるから(笑)。

この7月でママズスマイル立ち上げて
5年です。

次男は8/1生まれ。

ってことはママスマをオープンしたときは
臨月(笑)。

24日にオープンした川越店のオーナーも
妊婦さんです。

オープンの準備に動き回る彼女を見て、
周りはハラハラ。

あー、私の時もみんなが
「いいから座ってろ!」

ってよく言ってたけどわかるわ~(笑)。

お腹が大きくても、主婦でも、独身でも、
バツイチでもとにかくなんだって、

「やる」と決めたらやれます。

「やる」と決めている人は強くなるんだなあと
FCオーナーさんたちを見ていると感じます。

迷いがあるともっと迷うようなことが
現実に起きてくるんですね。不思議。

5年出来たことは本当に今まで関わってくれた方
全員のおかげだと本当に感じています。

あの時あの人にあれを言われなかったら
辞めていたかも。

あの時あの人が支えてくれなかったら
今はないかも。

それは辛かった出来事も含めてです。

今でこそ「一時預かり」って多いかも
しれないけど、まだまだまだ認知は低く、

また私の認識では保育園が実施している
「一時預かり」とママズスマイルの
「一時預かり」は似て非なるものです。

そして、FCオーナーさんの融資先(銀行やその他
機関)の方と話していても、その認識は
皆無です。

「今預けたい」と母が思うことが理解できない。

ですから専業主婦の方の利用がとても多い
私たちのような一時預かりは成り立たないと
思われてしまうんです。

5年経ってもまだちっとも変っていない。

死ぬ気で立ち上げ、死ぬ気でノウハウをスタッフと
ともに作りやっとの思いで10店舗になった。

だけど、何にもそれがプラスにならないことに
悲しさと悔しさの気持ちが生まれてしまいました。

理解してもらえないことに悲しいのではないのです。

ここまでやってきたことが何も意味がないのか?

「10店舗あって会員さんにも喜んでもらえています。」

その言葉になんの重みもないんだということに
ものすごいショックを受けました。

自分の力不足を感じるときほど落ち込みますが、
絶対に立ち止まらない覚悟もさらに決まりました。

例えば「ママスマをやりたい!」って本気で
思ってくれた女性が融資の申込みなどに行って、

「おー、一時預かりやるの?いいよね。頑張ってね!」
と理解してもらえるくらいまでになろうと
決めました。

気軽に託児ができる場所がある。
そのことに疑問が生まれない世界に私は
したいのです。

24時間365日子どもと家族のために
働く。もちろん、引き受けます。

その中のほんの少し。

一人の時間を持つことは罪ではありません。

そのことが子どものため、家族のためになることを
私は信じています。

6年目も少しでも多くのママに自由のスイッチを
入れられるよう進んでいきます。

今後ともママズスマイルをどうぞよろしくお願い致します。