こんにちは。近藤です。

先日のブログ
https://mamas-smile.com/press/%e3%83%9e%e3%83%9e%e7%9b%b8%e8%ab%87%e6%89%80?preview_id=1962&preview_nonce=c9f757694b&preview=true

こちらで始めるよーって書いたら
3名の方がさっそく問い合わせ
くださいまして、その中で『ランチ会」を
開催してくれないかというご希望も
頂いたので美味しいお店でランチ会
やりたいと思います^^

日程決まりましたらまた告知します。

それと、1時間じゃなくて2時間と
言われた方もいたので、その場合は
2時間とメールに書いてください!!

あと、ママ相談だけじゃなくて、
「メイクレッスン」も受けます☆

10年ヘアメイクをやってきたので、
その経験をフルに提供^^
完全マンツーで。

次回のブログに詳細告知しますね。

そして表題のとおり、先日ある児童相談所に
行ってきました。

たまたま私が行ったところがそうだった、
と信じたい。そう思うくらい残念でした。

日本中の児童相談所と行政の方へ伝えたい。

母親が児童相談所に行くってそーとーの事
なんですよ。

すごい勇気だろうし、どうにかしたくて
どうにかしてほしくて助けてと声に出せてる。

それすでにそーとーなんです。

「大丈夫そうだった」とかアホなこと
言ってる場合じゃないんです。

相談に行った時点で限界なんですよ。

あー、思い出したらハァハァしてきた。

言っておきますがこの手前ぐらいで必死に
こらえてるママなんてわんさかいますよ。

相談することさえためらう、というか
自分は相談するところまでいってないとかいう
よくわからないハードルを自分に課してる。

まだまだ!!みたいな。

「おまえなー、それで育児してる気に
なってんなよー、は?寝れなくて辛い?
泣き止まなくてしんどい?
そんなんでへこたれてたら周りの母親全員
なんで育ててるんだ!
あほかー
まだまだ、できる!お前はできる!だって
母親だぞ!」

「そうね、そうよ。言う通り。母親だもん。
こんなことでへこたれちゃダメだわ。。
頑張る。続けて5時間寝かせてくださいなんて
願いを危うく短冊に書きそうだったけど、
私がバカだったわ。。」

ていう極上のスポコンドラマのようなことが
私たちの頭の中で繰り広げられるんです。

自分対自分の戦いです。
観客0。

誰かに悩みを聞いてもらうハードルさえ
なくせば育児ノイローゼや虐待は確実に
減らせると私は信じています。

でも頭の中でドラマをやっちゃうから、
友達にも言えない。旦那様にも言えない。
親にも言えない。

だから、児童相談所に来たママを大歓迎して
あげてください。

よく来たねって。

来るってことはスポコンドラマを散々繰り広げ、
それでも誰かに止めてほしくて行動出来てる
母親なんだと思います。

もっと寄り添ってあげてほしいです。

「うちには予算がないから。」

とか

「うちの管轄は本庁だからここだけで
決めれない」

とか

それ相談に乗ることに必要なんでしょうか。

助けてと言った人が容疑者になる。

相談に行かない方が良かったってどれだけ
後悔することになるんだろう。

もう限界の人も限界がどこかわからない人も
悩んでる事さえわからない人も、
誰かに話すことで見えることがあると
思います。

ゴールが見えないのに行き方だけ教わっても
しんどいだけです。

私はママスマが一緒にゴールを見つける場所
だと思っているし、私もそのお手伝いが
出来たらと思っています。

ていうかしたい!!!