社長ブログ

不満から生まれる革命

  • 2018.4.13

こんにちは。近藤です。

利用感想メールをくださった方に
本を送らせて頂いていますが、まだ
届かないぞと言う方おりましたら
ご面倒ですがメールください!!

そして皆さま「まだ本が余っていたら」
と書いてくださるのですが、まだまだ
あるので笑ぜひメールください!

嬉しい利用感想を次回のオーナー会で
共有したいです。

よろしくお願い致します^^

最近本部スタッフと話しているときに、

「ペッパー君じゃなくてママスマちゃんって
いうのがあったら何してほしい?」

っていう話をしていたんですよね。

色々出てきたのですけど、今日改めて
1人で考えてて私なりの結論。
(どういうプロジェクトでどんな話が
出たかはまたいずれ^^それを考えてたら
こういう結論が出たということです)

私たち、特に母親は

「毎日言いたくないことを言っている」から
なんかいっつも心底幸せ!!ってなってないのかも。

だって、きっと言った後にため息ついちゃうこと
めちゃくちゃある。

「宿題したの?!」
「なんでゲームばかりしてるの?!」
「お菓子ばかり食べるんじゃない!!」
「早く寝なさい」
「好き嫌いしちゃだめ」
「テレビばかりみちゃダメ」
「勝手に歩き回るな!」

スーパーとかで買い物してるとこんな
感じで怒っちゃってるママをよく見かけるけれども、
本当はそこを言いたいわけじゃない。

怒りたいわけじゃないのに。
こんなこと言いたいわけじゃないのに。

そう思ったことないですか??

宿題したか気になるのはあなたが明日
学校で一人だけやってなくて怒られたら
「私が」嫌だから。

早く寝ろ!って言うのはあなたが
明日の朝眠くて眠くてそれでも起きるのを
見るのが「私が」辛いから。

勝手な行動を怒るのはもしあなたが
1人でいるときに誘拐でもされたら
「私が」生きていけないから。

本当の気持ちは違うのになんでそこを
言えないんだろ。

って考えてみたけどわからない。

例えば旦那さんに「なんでいつも仕事
ばかりなの?!」って聞いてケンカになる
夫婦ってごまんといると思うのだけど笑、

本当はそれ言いたいわけじゃない。

本当はたまには一緒にいてよだったり
するのに、一緒にいたいって言えなくないですか?

例えば彼に、会おうよって誘ってほしいのに
「ずっと仕事なの?」って言っちゃうみたいな笑
会いたいがホントの気持ちなのに。

本当に感じてることは違うのにそれを
そのまま言葉にするのってすっごく難しい。

伝わります??

最近さ、その本音の部分を言えば幸せに
なるよ!みたいに声高に言ってる人が
すっごく多い。

有名なブロガーさんとかみんな言ってますよね。

わかる。めっちゃわかる。

だけど、子どもといると自衛隊のように
なる。

「テーブルにのるなー」
「カッターさわるなー」
「そこにのぼるなー」
「早く食べろー」
「歯みがきしろー」

なんでそうしてほしいか。まで説明できない。

なぜなら我々子どもが小さい主婦は、






からです!!!

なので思いました。

本当は言いたいことじゃない言葉をすべて
「ママスマちゃん」が代わりに
言えばいいんじゃない?

不満から出る革命

という私の大好きな言葉がありますが、

ママズスマイルとママスマちゃんで
革命を起こせるという結論笑。

ペッパー君がいるからシュガーちゃんでも
いい笑