社長ブログ

信じること

  • 2017.11.5

こんにちは。近藤です。

☆もうすぐ花小金井店がオープン☆

☆町田で出店できるママ社長大募集☆

昔「宇宙生物学」という栄養学を
学んでいた時期があります。

サッカーワールドカップの日本代表に
教えていたり、プロ野球の超有名選手に
教えている先生でそれはそれはすごく
面白くてドはまりして学んでいました。

講義中、先生が今の親はみんな良い親に
なりすぎてるって話されたことがあります。

先生は自身のお子様が食事中に、
「醤油取って」と言ってきたら、塩を渡すんだそうです笑。

塩取ってと言われるとソースを渡したり
するんだそうで、そんなこと何回かやってると子どもが
きっちり自分でとるようになるよって
言っていました笑。

これ私すっごく納得。

親はどうしても子どもがかわいいから、
ケガしてほしくないから、
子どもにアスファルトで舗装されたまっすぐの
平らな道をつくってあげようあげようってしますよね。

でもそうすると本当に小さい石ころでも
つまずいて転んでしまう子になってしまうと
思いませんか?

石ころもないのに転んだりして。

どんなに石ころだらけの道だって、
崖があったって、水たまりとか落とし穴が
あったって、たくましく乗り越えてほしいし、
乗り越えられると信じる。

転んだってすぐに手を差し伸べるんじゃなくて、
言ってきたら手をだせばいいのかなって思います。

大事なのはずっとそれを見ててあげること
かもしれませんよね。

あなたは何があっても大丈夫って本気で信じてくれる
人間がこの世に一人でもいれば、絶対間違うはず
ないですよね。

大人も一緒で。1000人の従業員がいる経営者が
知り合いにおりまして。確か当時役職が常務取締役。

で、まあ簡単に言うとその知り合いの部下が
誤発注しちゃって会社に6億の損害を出してしまった
ことがあったんです。(実話)

私の知り合いももう何週間も休まず寝れずで、一気に
13キロくらい痩せちゃってたし、

責任とって会社辞めなきゃなと考えてたらしいです。

次期社長って言われてた方です。

決心して奥様に、辞めるからこの先どうなるか
わからない。って言ったそうなんですよね。

そしたら奥様が、あなたは1000人の部下がいる
会社の社長でも、屋台のラーメン屋でもなんでも
できる人だから、大丈夫。

私も社長夫人でもラーメン屋のおかみでも
何でも似会うからよかったね。

って言われたそうで。

こんなに自分を信じてくれる人を泣かせちゃ
いかん!と奮起して結局社長まで出世してました。

誰かに信じてもらうってすごくうれしいですよね。

子どもでも大人でも。

それにはまず自分が自分を信じてあげることが
大事なのかなと思いました。