おはようございます。近藤です。

最近玄米ご飯に変えてみてます。オシャレ女子か!!

各店舗で夏休みの小学生お預かりだったり、普段の育児相談だったり、スペース貸しだったり
ご案内が始まってきています。

お近くの店舗のブログなど覗いてみてください。

今朝電車に乗ってましたら近くのサラリーマン風の方が「はあっ。ふぅっ。」ってそりゃもうでっかい
溜息ついてて。最初はうるさいなー。やだー、変な負のエネルギーよこさないでよっ
なんて思ってたのですが、そのうちあまりにでかい溜息だからおもしろくなってきちゃって(笑)。

もちろん私一人だから「ウケない(笑)?」なんて誰に言えるわけでもなく、
でもそのうち肩震えてくるくらいおっかしくなってきちゃって。

そこまで嫌だと思うことをやらなければいけない(と思い込んでる)ってきっと
辛いだろうな~

・・・自分のせいだけど。

どんだけ辛い会社なんだろ。

・・・自分が決めたことだけど。

上司とかひどい感じなのかなー大変そう~

・・・自分が選んでるんだけど。

とかって一人ノリツッコミやってたら、もーホントに声あげて笑いそうでした(笑)。

なんのオチもありません。すみません。

ところでそんなこんなのドリフ電車移動がとても多い近頃ですが、私は必ず本を持参します。

活字中毒なので、本を忘れてしまうとなんか落ち着きません。

最近は全部小説。

そこで、この前読んでた小説に「あー、ほんとそうだな~」って思うことが書かれていました。

それは、「親は子どもを育てよう、育てなきゃいけないって思い込んでるけど、子どもはただ丸くすればいい」ってことなんですけど、
ちなみにこの小説、育児本でもなんでもなく警察の不祥事のノンフィクションなので、いわゆるデカ長さんが子育てに
悩む部下に言った一言ってだけですが(笑)、

ちょっと私が表現変えてお伝えしますと、

子どもは角をたくさん持って生まれてくる。親はその一つ一つの角を愛情で丸くするだけでいい。
一つ、また一つって角がなくなってきますと、最後はただの〇、丸いボールのようになりますよね。
そしたらね、子どもは社会に出たときにどんどん、どんどん転がってどこまでも進んでいける。
親の役目がもしもあるとしたら、どこまでも自分で進めるようにただ丸くしとくだけなんだ。

こんな感じなんですけど、私本当にそう思うんです。

子どもにレールを敷くことより、どんなレールでも進めるようにするほうが大事じゃないかなって
私は思っています。