社長ブログ

宿題は必要か?

  • 2017.7.26

こんにちは。近藤です。

最近は雷なんかもしょっちゅう
ゴロゴロしていて夏っぽいというか
なんというか。

湿度が毎日高いから疲れが取れない
なんていう方も多いのではないかな
と思います。

なんだかずっと生理前みたいな感覚
になりませんか(笑)?

なんだかわからないけどずっと身体
重い。。みたいな(笑)。

なんだかわからないことがもう一つ。

教育関係者の方などには怒られちゃう
かもしれませんが、

夏休みには宿題がつきものですよね。

あくまでも私個人の思いですけど、
宿題って必要ですかね??

私親から「宿題やりなさい」って
言われたことなくて、でもきちんと
やり終えていました。

なんでこんなのやるんだろうって
疑問を持ちながら(笑)。

ここから残業って概念ができたんじゃ
ないかと思ってしまう。

なぜ学校以外の場所で学校以外の時間に
仕事(勉強)しなきゃなんないのですかね?

「夏休み!お前ら勉強のべの字も思い出すなよ!
とにかく体を使って遊んであそびまくれ!!」

こんな先生や学校があってほしい。
そう本気で思います。

宿題や勉強って自ら進んでやるからテストの
点が良かったりすると成功体験が積み重なって
いくんじゃないのかな~と思うんです。

仮に勉強が嫌な子が嫌々宿題をやったとして、
やったことに対して親に褒められる。

こんな図式が学生時代ずっと続くと、

嫌な事でも我慢してやれば褒めてもらえる

という刷り込みがされていくわけです。

そこで社会にでたときに、嫌々仕事をやって、
嫌々残業をして仕事を終えた。

でもだーれも褒めてくんないんですよね。

「あれ?おかしいぞ?こんなに我慢して嫌な
仕事したのに誰も褒めてくれない!
どうなってんだ。この会社は最悪だ」

このループってこれからの社会、ほとんどの
仕事がAIに取って代わられるということが
言われているので、こんなふうに思うような
大人は「君じゃなくて平気だから。」って
なっちゃいますよね。

学校教育を受けた子どもより漁師とか
農家とかに通わせた方がよほど良かったり
して。

とにかく本音を隠してでも褒められるほうが
自分の価値を感じられるようになっちゃ
ダメだと思うんです。

嫌なことを嫌々やってるけど褒めてって
思ってる人を「ダッサ!!」
ってみんながいうような世界になってほしい。

ママスマで伸び伸び好きなことをして
生き生きしている
子どもたちを毎日みていると心から
そう思ってしまいます。

夏休み?
勉強なんてしなくて良い!!
キッモ!!

って私は子どもに言ってしまいそう(笑)