こんにちは。近藤です。

☆13日南町田グランベリーパーク店
オープンしました!☆

☆18日札幌大通店オープン
しました!☆

札幌に来ているのですが、吹雪いてる、、
そしてびっくりするのがほぼ皆、傘を
さしていない( ;∀;)

雪降ってて傘をささないって関東では
考えられないじゃないですか。

でね、今朝なんてその雪が凍っちゃって
滑るわけ。

私なんて転ばないようにへっぴり腰で
すっごいゆっくりチョコチョコ歩いてるの
だけど、

信号が変わりそうな横断歩道でなんと
地元の人は!どさん子は!

走ってる!!!

「すげーーーー」

思わず声に出たよね。

東京からたった1時間半の移動くらいでも
このくらい価値感とか環境って違くて、

そう思うと、「ふつう〇〇だよね」が
どれだけ意味のないことかと思います。

なんかの本で読んだけど、

日本だと頑張ってねって応援するけど、
アメリカだと頑張りすぎんなよ!

っていうのが応援だし、

日本はすぐ「ありがとう」って言いなさい
って言うけど、アジアのどっか(忘れた)だと
「ありがとう」って言われるのはあまり
仲良くないってことらしくて嬉しく
ないんだって。

日本だと黄色って子どもとか楽しい
っていう色彩感覚なんだけど、
(ピカチュウとか)

どっかの国では「エロ」らしいw

それで、ママスマでたくさんの子どもを
見ているとまーじーで笑えるくらい一人
一人違う。

そして、日によっても違う。

だから「この子はこうだから」って
いうのがまったく無意味だとわかる。

その日のその時でしかなくて、

まして子どもは他人に気を
使わないから(無駄に)、

よけいになんていうの?

人間クサイ?くらい感情の起伏が
激しいじゃないですか。

言い方うまくないけれど。

お腹が減ったから機嫌悪いだったり、

ウンチ出ちゃったから早く変えたい
だったり、

眠いだったり、なんか知らんけど
機嫌悪いだったり。

ママスマを辞めちゃうスタッフさんに
必ず言われる言葉があるのだけど、

「初めての子ばかりだから
どんな子かわからないから不安しかない。」

私ね、実はこの言葉不思議なんです。

もちろんママスマでもお子様の情報を
共有するため、日記のようなものが
あります。

「バウンサーが好きみたい」
「おんぶ嫌いです」
「人参残します」
「布団でとんとんで寝ました」
「しまじろう大好き」

などなど。

しかし、この記録の頭文字には
必ず着く言葉があります。
(実際は書いてない)

それは、

「今日は」

です。

「今日はバウンサーが好きみたい」
「今日はおんぶ嫌いです」
「今日は人参残します」
「今日は布団でとんとんで寝ました」
「今日はしまじろう大好き」

「この子って〇〇だよね」は、単なる
その子の情報が増えてるだけ。

ずっとおんぶがダメだった子が
突然急におんぶが大丈夫に
なることもあるわけですよね。

そう考えるとこの子はこうって
わかれば安心して働けるなんていうのは、
私は不思議だなあって思っちゃうのです。

自分の子どもでさえわかんないもの。

え?!
この前まで納豆大好きって言ってた
じゃん!!

みたいのしょっちゅうです笑

自分の価値感を疑う。

最近一番気を付けているところです。